レザーマンシグナルの分解・クリーニング方法をわかりやすく解説します!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

チベスナです。

 

突然ですが、私はよくブッシュクラフトにマルチツールを持っていきます。

特に気に入っているのがLethermanの「シグナル」というモデルです。

シグナルは機能を厳選し、メタルマッチや非常用ホイッスルなどがついたサバイバル向けのモデルとなっています。

これ一つでたくさんの機能がついていますので、ブッシュクラフトの「サブツール」としてとても重宝しています。

そんなシグナルですが、

海辺で使用してからメンテナンスを怠ってしまった!

海水などがついたまま放置してしまったので、久しぶりに取り出したら大変なことに・・・

(刃が錆びてしまいました・・・)

 

というわけで、

この記事ではシグナルの分解・クリーニングの方法を紹介したいと思います。

自分で道具のお手入れをしようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

はじめに:Lethermanの25年保証について

Lethermanの商品には、「25年保証」というサービスがついています。

Lethermanの25年保証とは?
「LTJマーク」が刻印されている国内正規品に関して、購入後25年間は破損部分の修理や交換を無料で行ってもらえるサービスです。
もし所有しているツールが国内正規品かつ修理内容が保証対象なのであれば、メーカーに修理に出すのも一つの手です。
逆に国内正規品でも自分で分解してしまうと25年保証が受けられなくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。
私が購入したのは国内正規品ではなく、並行輸入品ですので「25年保証」がついていません。
(そもそも錆は修理対象外ですが・・・)
並行輸入品を購入した人、もしくは「自分の道具は自分で手入れしたい!」という人はこの記事を見ながらメンテナンスしましょう!

「シグナル」のメンテナンスに必要なもの

分解するための道具

  • T10トルクスレンチ×2
たったこれだけです。
ホームセンターで一個300円くらいで買えると思います。
ただし、注意しなければならないのが以下の2点です。
  • T10のレンチが二本必要になる
  • いじり止め対応穴付きであること
Lethermanシグナルは表裏両側からT10のねじで留められており、片方だけ回そうとしても空回りしてしまい外せません。
また、いじり止め対応穴がついていないと缶切りやビットドライバーの部分が分解できないので、使用する工具はいじり止め対応穴付きのものを選びましょう。

クリーニングするための道具

私がクリーニングに使用した道具は以下の通りです。

  • 錆び取り剤
  • 椿油
  • 柔らかい布
  • 金ブラシ
  • 綿棒
基本的には錆び取り剤を少したらし、柔らかい布でこすっていきます。
布ではこすりにくい軸を通す穴や細かい溝などは、綿棒や金ブラシでクリーニングします。
椿油は最後の仕上げに使用し、錆防止や潤滑剤として使用します。
それでは、細かい手順を紹介します。

レザーマン「シグナル」分解の手順

①右側のねじを外す(ノコギリがついているほう)

②ノコギリを取り外す

ノコギリとメインフレームの間にはワッシャーが一枚挟まっているので、なくさないようにしましょう。

 

③右半分のメインフレームをプライヤーから取り外す

 

④左側のねじを外す(ナイフがついているほう)

 

⑤ナイフを取り外す

ナイフとメインフレームの間にワッシャーが1枚挟まっているのでこれも無くさないようにしましょう。

 

⑥クリップを取り外す

クリップを固定する穴は六角になっており、ここにしかはまらないようになっています。

 

⑦左半分のメインフレームをプライヤーから外す

 

⑧左フレーム下部についているねじを外す(いじり止め対応穴付きの工具を使用すること)

 

⑨ビットドライバー、缶切り、キリ、スペーサーを取り外す

順番は左から、スペーサー、キリ、缶切り、ビットドライバーです。

 

⑩フェロセリウムロッド、シャープナーを取り外す

素手で取り外すことができます。

これで分解は完了です。

 

次はクリーニングをしていきます。

レザーマン「シグナル」のクリーニング手順

錆びている個所にさび落としを付け、柔らかい布でこすっていきます。

さび落としを付け、

布でこすると・・・

ピカピカになりました!

 

穴の中など狭いところは綿棒でこすります。

細かい溝などは金ブラシでゴシゴシ・・・

 

1時間ほどかけて全体のクリーニングが終了しました。

各パーツをきれいにクリーニングできたら、

最後の仕上げに刃物用の椿油を塗っていきます。

今回はメインナイフとノコギリ、各部品の軸の部分にだけ塗りました。

そして逆の手順で組み立てていき・・・

完成です!

ワッシャーの場所を間違えないように注意!

ナイフの軸はワンハンドオープンできるようにねじの締め具合を調整しました。

プライヤーの動きが渋かったので、少しだけ椿油をたらしたら動きが良くなりました!

レザーマン「シグナル」分解・クリーニングのまとめ

・分解にはT10トルクスレンチが二本必要
・トルクスレンチはいじり止め対応穴付きのものを使う
今回のクリーニング作業ですが、慣れていないこともあり約3時間ほどかかってしまいました・・・
やはり普段のお手入れは大切ですね😅
自分の趣味の道具を自分で手入れするのは楽しいですね。愛着もわきますし。
決して難しいことではありませんので、皆さんもぜひ自分で手入れをしてみてください!
それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました